会長挨拶

比企郡市歯科医師会ホームページにアクセスしていただきありがとうございます。 比企郡市歯科医師会は、東松山市、滑川町、嵐山町、小川町、ときがわ町、川島町、吉見町、東秩父村、鳩山町、以上1市8町村の会員86名の歯科医師で組織されています。私たち会員は地域の人々に、より充実した歯科医療・保健サービスを提供して社会福祉に貢献すると共に、会員歯科医師の歯科医学の教育、研修に務めています。こんな時だからこそ「お口の健康づくり」を新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言も解除され、街には少しずつ活気が戻り始めています。「春」「桜」「お花見」など、地域の皆様の楽しみにしていたイベントを奪ってしまった今般の新型コロナウイルス感染症、感染拡大の影響により皆様不安な春をすごされたことと推察いたします。

比企郡市歯科医師会も今年25回目となる「春の健康まつり」を感染拡大防止の立場から開催中止とさせていただきました。去年の11月から実行委員会を立ち上げ準備をしてまいりましたが、歯の検診、フッ素塗布などいろいろな催し物をたくさんの方々楽しみにされていたことを考えますと、非常に残念でなりません。来年の開催に向けて全力で準備をする所存でございます。

さて、この新型コロナウイルス感染症により私達の生活は大きく変わりました。感染の第2波、第3波を警戒しながら新しい生活様式を構築していかなければならないと考えております。

私たち歯科医師会としても、新しい診療様式が始まつています。以前から患者様や医療関係者の院内感染を防ぐべく、ウイルスをはじめとする院内感染対策を徹底して参りました。

今回の新型コロナウイルス感染症対策を行っています。

それゆえ現在のところ歯科医師や歯科衛生士から歯科治療を通じて患者さんへ感染したという報告はありません。

適切な歯科治療や口腔ケアを受けることで免疫力があがることがわかっていております。新型コロナウイルス肺炎に感染しないため、また重症化させないためにも、適切な歯科検診、予防処置、早期治療が必要です。

歯の痛みや歯肉の腫れ、善波(入れ歯)が合わないなどを放置してしまうと、食事が摂れず、体力、免疫力が低下し、全身の健康にも影響します。また、介護現場等での口腔環境の悪化は、特に肺炎の発症、重症化のリスクを高めることにつながってしまいます。

ぜひ、ご自身のお口の健康のためだけではなく、全身の健康のためにも、必要な歯科治療の継続とメンテナンスの継続を

お勧めいたします。

また6月から市町村における健診も少しずつ始まると聞いております。比企郡歯科医師会としても出来る限りのお手伝いをさせて頂きたいと考えております。

私たち歯科医師は、これからも地域の皆様の健康を守っていくために、全力で安心・安全な歯科医療体制を提供してまいります。末筆ながら、一日も早く新型コロナウイルス感染症の感染拡大が収束し、皆様が平穏な日常生活を取り戻されますことを心から願っております。

 

今後、ホームページの内容を充実させ、地域住民の皆様に歯科口腔保健の向上にお役に立つ情報を発信したいと考えています。

比企郡市歯科医師会、会長,栄田